2004年10月19日

10/29(fri) FRONTIER @ Froat (渋谷)


10/29(fri) FRONTIER @ Froat (渋谷)

DJ
瀧澤賢太郎(a new dimension/Moderato)
John(Tokyo Jazz Meeting/em)
Kacchi Nasty(Jazzy Sport)
高木敏光(Moderato)

warm up DJ
Uttie

22:00〜 ¥1000(No Drink)
23:00〜 ¥2500(1 Drink), w/f ¥2000(1 Drink)

http://www.shibuya-froat.com/

現在、東京のクラブシーンを展望した時ふと感じる”停滞感”。ループするリズム、身体を心地良く包むビートは、いつの間にかアンダーグランドからビックビジネスへと成長しました。今、ダンスミュージックを支配しているのは無謀な冒険や実験、挑戦ではなく、お金で買える約束されたエンターティメントです。結果、人を呼べる著名なアーティスト達だけがクローズアップされ、ダンスミュージックはそれ自体が自己完結の道を歩んでいるかのように思えます。このイベントではユースカルチャーとしてのクラブミュージック、パーティーをもう一度見つめ直し、未知のパワーを秘めた才能溢れる次世代のアーティスト達を積極的にブッキングしていきます。このパーティーに足を運べば、今まで聞いたことのない“次世代のダンスミュージック”に触れることができます。その新鮮な感動、驚き――訪れた人々が新しい音を発掘する喜びを提供できるようなアンダーグランドなパーティーが“FRONTIER”なのです。

Froat地図
posted by Isao at 22:19| Comment(30) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月18日

「エメラルド・カウボーイ」

こないだ観た映画の話。
観た映画は題名の通り「エメラルド・カウボーイ」。
2005年正月映画として公開されるそうです。

この映画は実話を元に描かれた映画で、
主人公、早田英志の執筆した『エメラルド・カウボーイズ』を元に作られています。
(過去の「驚き桃の木20世紀」にも取り上げられていたみたい)
南米コロンビアに渡り、エメラルドを取引するエスメラルデーロとなり、
エメラルドに魅せられ、「エメラルド王」になった日本人、早田英志の物語です。

こないだまたも試写会で観た「マイ・ボディガード」の舞台メキシコと同様、
コロンビアも誘拐が多発する地帯で、
かなりの危険をともなったらしい。
またこの映画に使われている武器(拳銃やショットガン)などは、
本物が使われているそうだ。
早田英志はこの映画を撮り終わったあと、
どこかで襲撃にあい、重傷を負ったそうだ。
彼は今でもテロリストから命を狙われているそうだ・・・

内容としても、割と面白かった。
アクションシーンが作り出されたハリウッドものとは違って
本物の武器を使ってるだけあってすごくリアル、
話に良い感じのスパイスを加えてる感じ。
また、ゲリラや誘拐などの犯罪が多発するコロンビアの現在の情勢とかも考えさせられる。
最後の方はちょっと内容がダラダラしているようなところもあるが・・・
それと、配役としては、現在の早田英志役の本人はいいとして、
早田英志の若い頃の役をコロンビア人にやらせるのはなぁと思った。
日本語下手だし(笑)

早田英志は来年来日するそうです!
こんなにも勇敢な日本人がいると思うと嬉しいですね。
posted by Isao at 18:15| Comment(2) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

金曜日

昨日はMove Over@The RoomとGenius Of Love@Organ Barに行ってきました。
まずはThe Roomのスタッフでもある、たーちさんのバースデーを祝いにThe Roomへ。
たーちさんのラウンジライヴなどを楽しみました。(これか結構いいんだな♪)
The Roomには今や売れっ子となったSoil & "Pimp" Sessonsのみどりんさんが来ていて、
お互い、何回も顔は合わせているんだけど、
やっとお話しすることができました。

それから、The Roomで会った陽ちゃんとSazanamiさんらとOrgan Barへ。
ちょうど入ったら、レジデントである高宮さんや永井さん、ギョーザさんがバーへ。
さらに、この日のゲストDJでもある沖野さんもすぐそこにいる・・・
で、誰がDJだ????なんてブースを見ていると、外人の人がDJ・・・
誰なんだろうと思って沖野さんに聞いたら、
なななんと、スウェーデンからDJ Hird
えっマジで!すげー♪
ずっとHirdがDJしていたらしく、
僕が行った時は沖野さんも高宮さんも全然DJしてなかったそうな(笑)
Hird、沖野さんとDJが終わり、バーにいると沖野さんがHirdこと
Christoffer Berg(クリストファー・ベルグ)を紹介してくれました。
ふと考えたんだけど、Christofferって僕より年下なのね(苦笑)
沖野さんとすごい長く話しをしていたんだけど、
なんかすごい感化されました。いつも良い話しをするなぁと。
それからはBallにちょこっとお邪魔してご馳走になったり、
Christofferと話ししたりと面白かった。


福富さんのニューアルバム「equality」の帽子をかぶってる沖野さん。
写真左上にかすかに写ってるのがChristofferです。

そして
Organを後にし、ざっきぃと牛丼屋へ行こうと車へ乗りこみ、
いざ、しゅぱーつと思ったら15メートルぐらいで停止、
横にはランプ亭・・・(爆)
かなりウケました。(笑)
そんなんで牛丼を食べて帰りました。

面白い一日でした!!

今日のひとこと
「無理というのは自分が決めるんじゃない、他の人が決めるんだ。」
by 沖野修也
posted by Isao at 13:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月14日

フライヤー

昨日出来上がったフライヤーを撒いてきました。
とはいっても、自分の「FRONTIER」のフライヤーと「須永辰緒DJ20周年記念PARTY」のです。



まずは学校で授業を受けてから恵比寿〜代官山に置いて、
それから渋谷のレコ屋、
それから家に帰ろうと思った矢先、
ふと思いついて下北沢へ。
下北沢では、レコ屋、CD屋、古着屋、雑貨屋、女服屋、美容院など回って、
さっき帰ってきました。
下北沢ではフライヤー置きのついでに、
お気に入りのお店(雑貨屋)なんかも見てきました。

ってか今日何軒回ったのかな?
正正正正・・・
20軒ぐらいか。

もし↑のフライヤー見つけたら教えてくださいねー。
posted by Isao at 16:19| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月13日

ナビスコカップ

ヴェルディ負けちゃったよ(涙)
にしても、3-0から3-3まで持ち込んだのはすごいね。
さらにFC東京よりも1人少なかったわけだし。
でも、Vゴールが1分で決まったのは悲しい(涙)
ロスタイムの平本のシュートは惜しかった・・・

そろそろヴェルディに久しぶりのタイトルが欲しい今日この頃。
カズ帰って来てくんないかなー

って今はオマーン戦だね!
なかなか寝かせてもらえないなぁ・・・
posted by Isao at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠い・・・

月曜はいつもバイトなんだけど、
DJの関係上、バイトを交代、
火曜日にやりました。
そのため、今日は夜勤終わってそのまま学校。
バイト中に携帯の充電が切れてしまい、
家に帰ってくるまでの6時間近くは電源入りませんでした。
昔は携帯なくても全然大丈夫だったのに、
今、電話かかってきたり、メール来ていなくても、
電源入ってないだけで、なんか不安になってしまう。
なんか、誰かと繋がっていたいんだろうね。
mixiみたい(笑)

昨夜からずっと起きてるわけですが、
ここで寝てしまうと、待ち合わせに間に合わなくなりそうなので、
起きてようと思います。(涙)
某フライヤーを受け取って、
その後、29日のフライヤーを受け取る予定です。
あぁ、フライヤーだらけだ(笑)

ここで言ってないかもしれないので、
29日の詳細をちょこっと

10/29[fri] FRONTIER @ Froat (渋谷)

DJ
瀧澤賢太郎(a new dimension/Moderato)
John(Tokyo Jazz Meeting/em)
Kacchi Nasty(Jazzy Sport)
高木敏光(Moderato)
and more

22:00〜 ¥1000(No Drink)
23:00〜 ¥2500(1 Drink), w/f ¥2000(1 Drink)
posted by Isao at 16:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月12日

Psycle 一周年!

リョタさんのブログにも書かれてる通り、
Psycle 一周年でDJしてきました。
イサオvsサカイってことで、1時間二人でBtB。
振る舞いテキーラや良くわかんないウォッカのショット
(ウォッカ+醤油+酢+ラー油+パルメザンチーズ・・・)。
そんなんで、酔っ払ってDJでした。

パートナーのサカイは、いつもガラージやらディープハウスの話をするので、
ハウス、ディープハウス、クロスオーバー、ガラージ関連を持っていけばいいと思い、
持っていったら、サカイの持ってきたレコードは、テ・・・テクノ!?
そんなんでしたけど、割りと自分では良かったかなー。
プレイリストは一周年に合わせて大ネタばっかなので、恥ずかしくてUPしませんが(笑)
でも、ちょこっと言うと、
IrfaneやらMarshall JeffersonやらYolanda Wynsなど計6曲。
なんだかんだで結構サカイとのBtBは面白かったので、
もうちょっと長くやりたかったなー。

Psycle 一周年おめでとうございました!
posted by Isao at 17:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディズニーシー

先週の木曜日、すごく久しぶりにディズニーシーに行ってきました。
とは言っても、彼女はいないので、家族と(笑)

It's Mono Cafe

朝ごはんは家を早めに出てここにきました。
ちょうどイクスピアリの入り口のところにあります。
ここのロールブレッドはオススメ!
この日はペーたまペッパー牧場っていう
サンドイッチはトマトチキンサンド。

サンドイッチ1個とドリンクで504円のセットや、
ロールブレッド2個とドリンクで472円のセットもあり。(7:00〜14:00)

朝食のあとはディズニーリゾートラインでディズニーシーへ。
窓がミッキーの形だったり、
つり革もミッキーだったり可愛い電車です。

パスネットも使えるのも良いところ。
ディズニーリゾートライン限定のパスネットとかもあり、かなりの人気があります。
コレクター必見!!


この日のは平日ということもあり、かなり空いてて、
センター・オブ・ジ・アースに3回、
海底2万マイル、インディジョーンズ・アドベンチャー、
ストームライダー、アクアトピア、
シンドバッド・セブンヴォヤッジ、マジックランプシアター、
フランダーのフライングフィッシュコースター、マーメイドラグーンシアター、
スカットルのスケーター、アリエルのプレイグラウンド
に乗りました。(回数はちょっと不明)

パレードも見ました!



お昼には地中海料理を提供するイタリアの田舎風レストラン「カフェ・ポルトフィーノ」にて。



この写真を見ても良く分からないかもしれませんが、
アラビアンコーストにある鍛冶屋さん(もちろんフィクションですよ。)で、
夜になると、精霊が現れて鍛冶をします。


夕飯にはミステリアスアイランドの割りと最近できた餃子屋さん。
上の写真は変ですが、餃子です。
海底二万マイルに出てくるノーチラス号をイメージした餃子で、
左から、ポーク、シーフード、ベジタブルです。
結構美味しいです。

そして、夜は「ブラヴィッシーモ!」というショーです。
火と水という正反対のものが幻想的な世界を作り出すショーです。



ディズニーシーのオススメアトラクション
1.センター・オブ・ジ・アース
2.インディジョーンズ・アドベンチャー
3.ストームライダー
4.マジックランプシアター
5.アリエルのプレイグラウンド
5.フォートレス・エクスプロレーション
こんな感じです。
フォートレス・エクスプロレーションに行く時はそこに地図が置いてあるので、
それを貰うのがミソ。(昔はキャストに言わなきゃ貰えなかった代物ですが・・・)
貰わないと、普通にエントランスで貰える地図では載ってないのでどこに何があるか良く分かりません。

オススメお土産
「ロストリバーデルタ」の「ロストリバー・アウトフィッター」というショップで
皮製のブレスレット(腕輪)やストラップに名前やイニシャルを入れてくれます。
ランドだと場所はアドベンチャーランドのビッグサンダーマウンテンら辺にありますが、断然シーの方が空いてます。

今後オープンするアトラクション
RAGING SPIRITS

見た感じ、ビッグサンダーマウンテンみたいなトロッコに乗るジェットコースタータイプのアトラクションではないかと。
タワー・オブ・テラーとかもできるようなので、楽しみです。


posted by Isao at 17:02| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

映画サービスデー

10月1日は映画サービスデーで1000円で観れるということで、
一人でバイオハザード2を観てきました。

バイオハザード2 アポカリプス
(原題:Resident Evil: Apocalypse)


Quick Time

ゲーム版のバイオハザードの1と3の主役でもお馴染みのジル・バレンタインがでるというので、楽しみでした。
ジルが教会で弾切れして、ピンチの時にステンドグラスをバイクで突き破って登場する
アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)はカッコよかった!
ミラ・ジョヴォヴィッチ強いなぁと思いました。

ジル・バレンタイン役のシエンナ・ギロリー(Sienna Guillory)はとっても美人で見入ってしまいました。(笑)



映画の影響で、ついつい帰りにゲームの方も買ってしまいました(笑)
(ちなみにバイオハザード2のゲームにはジルもアリスも出ません。)


そういえば、前にここで挙げた
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモローは
今年の東京国際映画祭で特別招待作品になってるみたいですねー
posted by Isao at 20:25| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月01日

電話

昨日、知らない番号からかかってきて、

相手「〜さんですか?」
自分「どちらさまですか?」
(番号知らない相手だと僕は相手の名前いうまで名乗らないです。)
相手「〜のマネージャーの」

あっ!
登録し忘れてたと気づきました。
名刺を頂いていたのに(汗)
上記のように某アーティストのマネージャーさんで、
ある人と連絡取りたいのだけど、
どうすればいいかとの用件でした。

僕はなんか電話番号をいろんな人に知られているらしく、
いたずらというか迷惑というか、脅迫だったり(!?)
電話がかかってきます。
一番いやなのは、
女性が「〜のご連絡をさし上げたんですけど、お聞きでしょうか?」ってやつ、
向こうはなぜか僕の名前、年齢、学校とか知ってて、
馴れ馴れしく話すやつ。

あと、出会い系の取りたて電話とかも嫌。
(最近聞かなくなってきたねー)
未払いのお金があるってやつで、債権回収業者(たぶんウソ)からかかってきて、
振りこまなかったら裁判所に回収の手続きを取るってやつ。
確かに実在の債権回収業者の名前をかたってはいるんだけど、
会社からだったら、普通、会社の電話で電話かけないか?・・・
明細を出してくれって言っても出してくれないし、
債権譲渡通知書も来てないし、
(本当なら債権回収もとから先に送られてこなければいけない。)
というか、それ以前に出会い系のお金は債権回収の対象にはならず、
サービサー法で定められた業務の中には含まれていないってこと知らないのかな?
なんて思った。
つまりは
有料サイトの料金回収で債権回収業者の名前がでたら、 その時点で「詐欺確定」です!

それでも、ヤクザっぽい人からかかってきた時は、
ほんとビビッた(汗)
住所とかも知られてて、今から取りにいくから!って言われてさ。
寝起きで、「寝てたの?」ってきかれて、
「はい」って言ったら、「一生寝させてやるよ」とか言われた。
ちょっと笑った(笑)
でも、前に住んでた住所だったから、
「あっ、はい!どうぞって」寝ぼけながら言った自分。(笑)

とにかく世の中怖いですねー
みんな同じような経験あるのでしょうか?
posted by Isao at 06:27| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。